しみそばかすを消す魔法の薬|現代医学の集大成

男女

誤った使い方をしない為に

ウーマン

正しく理解する

しみ・そばかすを消す効果がある薬として有名な物には、ハイドロキノンやLシステイン、さらにビタミンC等が配合されています。これらを利用する事によって出来てしまったシミを薄くする効果を期待しますが、実際には利用によってシミが濃くなってしまったと言う事例があります。この原因となっているのが、ハイドロキノンによって皮膚が赤みを帯びたりして炎症を起こしてしまった事が関係しています。通常は使用することによって肌を白くするものなのですが、その人の体質によっては皮膚に合わないことがあり、その場合に炎症として肌に症状が出てしまう事があります。実際にハイドロキノンの場合はしみ・そばかすに対してもとても高い効果があるのですが、その濃度が高くなればなるほど副作用が起きやすくなってしまいます。ただ確かに副作用が起きてしまう可能性はどのような成分にも共通して存在していますが、全ての場合において副作用が出てしまう訳ではありません。その人の体質によっては何も問題が起きる事無く安全に使用し続けて、従来よりも肌色を明るく・白くする、しみ・そばかすを目立たなくする事が出来ている人もいます。またLシステインの場合は使用する事によって白髪が増えてしまうと言う副作用が発生すると言う事も報告されています。ここで重要になってくるのが塗り薬として利用する時はパッチテストを行う事と、自分の体調を良く見て利用する様にすると言う事です。また、薬を服用する場合は胃腸の状態の変化を良く見て利用すると言う事も重要になって来ます。しかし実際にLシステインの場合であれば、利用したら必ず白髪が増えてしまうと言う訳ではなく、そうした変化を感じている人がいると言う事です。ただ、しみ・そばかす対策としてハイドロキノンに関してもLシステインを利用する事に関しても、薬の過剰摂取しなければそれ程副作用を心配する必要はありません。